SIMフリースマートフォンの手配

  • 手元のAndroidスマートフォンをSIMフリー化するか新規購入しておく
  • GSM 900かそれ以上新しい規格に対応していること

Vini SIMカードとプリペイドカードの購入

  • 価格6000XPF
  • Air Tahiti Nui 機内販売で購入
    • 2018年秋ごろから取り扱い開始?
  • Faa’a 国際空港内 OPT(郵便局)で購入
  • 滞在期間に応じてプリペイドカードも購入しておく
    • SIMカードには30分の通話と2GB分のデータ通信が含まれる
    • 節約して1週間2000XPF必要だった

SIMカードのくり抜き

  • 購入したパッケージからカードを取り出してSIMカード部分をくり抜く
  • 用意した電話のSIMカードと同じサイズとなるようにすること
  • まれに更にカードをカッターナイフで削る必要がある
    • VINI WiFi ルーターの再利用時に目撃
    • 店員がカードが入るまでどこかを削っていた

SIMカードのセット

  1. くり抜いたSIMカードを電話にセット
  2. 電話の電源をOFFにしてから既存カードを取り出して新しいものと入れ替える
  3. 電源を投入
    • 電源投入するとPINコードを求められる
    • 「0000」(初期値)を入力する
    • 今後SIMを挿し直したり電源ON/OFFするたびに聞かれる
    • PINコードは変更も可能だが説明省略

電話回線初期設定

  • モバイルネットワークを設定する
    1. Androidの「設定」アイコンをタップ
    2. 「その他設定」をタップ
    3. 「モバイルネットワーク」をタップ
    4. 「通信事業者」をタップ
    5. 「ネットワークを検索」をタップ
    6. 表示された「利用可能なネットワーク」からVINI(っぽいもの)を選択
  • 電話番号を取得する
    •  「87391222」とダイヤルすると電話番号が発行され有効になる
    • SIMカードのケースに電話番号が手書きで記載されている場合あり?

データ通信初期設定

  1. Androidの「設定」アイコンをタップ
  2. 「その他の設定」の「モバイルネットワーク」をタップ
  3. 「アクセスポイント名」をタップ
  4. 「+」をタップして新規追加する
    1. 「名前」=VINI(等,分かりやすいもので良い?)
    2. 「APN」=internet
    3. 「MCC」=547(実績ではデフォルトの248でOKだった)
    4. 「MNC」=20(実績ではデフォルトの02でOKだった)
    5. 「認証タイプ」=設定しない

リチャージ(Refill)

  • 残高を確認する(しなくても良い)
    1. 「7100」の電話番号宛てにSMSで「conso」と送信する
    2. 残高が返信されてくる
  • リチャージする
    1. 購入したリチャージ用カードの裏のスクラッチを削って14桁の数字を確認
    2. 「87391222」に電話して案内を聞いた後「1」を押す
      • 電話をかけてからテンキーを表示する
      • テンキーで「1」を押す
    3. 14桁の数字を入力したらリチャージ完了

備考

  • 残高確認方法
    1. SMSで電話番号「7100」宛てに「conso」と送信する
    2. 残高が返信される
  • リチャージ分は30日間有効
  • SIMの電話番号は90日間有効
    • それ以上の延長はなしの模様
    • そのため次回渡航時はもう一度SIMカードを入手する必要あり?
    • カードはそのままで「87391222」ダイヤルで別番号復活するかも?(要調査)
現地SIMの使い方(Android対応)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA